iPhone修理

秋葉原でiPhone修理をする前に事前に自分で出来る応急処置

水没したiPhoneを修理する前の処置

充電中のiPhone

iPhoneが水漏れしたり水没したら、データが消えないようにしたり、故障箇所が悪化しないように応急処置するのがポイントになります。なぜなら、iPhoneを修理店に出す前に応急処置を行うことで、iPhoneが修理で直りやすくなるからです。また、iPhoneは精密機器なので、水没することで内部の部品やデータに影響を与えます。そのため、ホームボタンが効かなくなったり、データがいきなり消えたりします。
けれども、iPhoneが水没したり水漏れしても応急処置を行うことで、修理で復旧できる可能性が高くなります。さらに、データのバックアップを取ることで、突然データが損失されるのを防げます。内部に水分が入った状態のiPhoneの応急処置を行うには、水分を飛ばすためにiPhoneのケースとカバーを外します。ただし、この時iPhoneを振ると内部の部品やデータにも影響が出るので、水没したiPhoneを振るのは逆効果になります。
そして、iPhoneの表面を布で拭き、側面の凹凸部分も綺麗に拭きます。拭いた後はiPhoneを乾燥させますが、ドライヤーや暖房器具を使うと、熱によって基盤が故障することになります。なので、乾燥させるなら乾燥剤を入れたジップロックを用意して、その中にiPhoneを入れるのがお勧めになります。水没したiPhoneを修理に出す前に応急処置することで、データがいきなり損失しにくくなります。

充電中のiPhone

水没したiPhoneを修理する前の処置

iPhoneが水漏れしたり水没したら、データが消えないようにしたり、故障箇所が悪化しないように応急処置するのがポイントになります。なぜなら、iPhoneを修理店に出す前に応急処置を行うことで、i…

くわしく読む
綺麗なiPhone

iPhoneの修理金額の相場とすみ分け

iPhoneシリーズが日本の若者を中心として爆発的な人気が出てきており、1人1台はiPhoneを所有しているといったほどiPhoneの所有率は高いですが、一方で修理が頻繁にあるなどすぐに壊れたや…

くわしく読む
TOP