iPhone修理

秋葉原でiPhone修理をする前に事前に自分で出来る応急処置

画面割れしたiPhoneはどうするか?

iPhoneを触っている女性

iPhoneの画面が割れた際は、修理に出す前に応急処置を施すことがありません。なぜなら、画面が割れてもiPhoneは使えますが、画面割れを放置しても自然に回復することがないからです。なので、画面割れによって内部の部品に影響を与えるので、時間が経つにつれてホームボタンの効きが悪化します。そのため、iPhoneが思い通りに使えなくなる前にデータのバックアップを取ることで、突然データが破損してもデータは無事に済みます。
また、画面割れ以外にも充電不能や通話不能になっても、特に行う応急処置は存在しません。むしろ、修理前に応急処置するくらいなら、データのバックアップを取る方が一種の応急処置として扱われます。ちなみに、画面割れしたiPhoneは修理に出さないままでも使える状態ではありますが、使用の際に指を切る可能性が高いです。
その上、画面割れの症状が悪化しやすくなるので、使うことでデータが破損しやすくなります。なので、iPhoneの画面に触れても使えなくなる前に、電源がつくうちにバックアップを取った後はすぐに修理に出すのがお勧めとなります。画面割れや充電不能になったiPhoneは、自然には直らないので修理に出す前にデータのバックアップを取り、バックアップしたら早期に修理を依頼するのが一般的です。

充電中のiPhone

水没したiPhoneを修理する前の処置

iPhoneが水漏れしたり水没したら、データが消えないようにしたり、故障箇所が悪化しないように応急処置するのがポイントになります。なぜなら、iPhoneを修理店に出す前に応急処置を行うことで、i…

くわしく読む
綺麗なiPhone

iPhoneの修理金額の相場とすみ分け

iPhoneシリーズが日本の若者を中心として爆発的な人気が出てきており、1人1台はiPhoneを所有しているといったほどiPhoneの所有率は高いですが、一方で修理が頻繁にあるなどすぐに壊れたや…

くわしく読む
TOP